パーティードレス関連情報

HOMEお昼間の結婚式の正装はロングドレスだった!

最終更新日:2017/11/20

お昼間の結婚式の正装はロングドレスだった!

髪の長い女性

パーティードレスを見ていると様々なデザインがあります。その中でも注目してほしいのが、パーティードレスの丈です。裾丈に、袖丈が長いものから短いものまで豊富にあります。ただ単にデザインでしょ?季節感の問題なんじゃないの?と考えている方もいらっしゃるかと思います。確かにそれも一理あります。夏に売り出しているパーティードレスで長袖のものはありません。しかし、この袖や裾の丈にも意味が存在しており、使い分けがあるのです。アフタヌーンドレス、イブニングドレスという言葉を耳にしたことはありますか?あまり聞き馴染みの無い言葉かもしれませんが、時間帯によって着ていいドレスが決まっているのです。初耳の方もいるかもしれません。パーティードレスの文化や習わしが浸透していないのは、パーティードレスを着てパーティーに行く文化が日本に馴染みがなかったからかもしれません。
アフタヌーンドレスは午前から始まるパーティーなどで着られるドレスのことで、テレビなどで皇族の方が着ているものもアフタヌーンドレスと呼ばれています。アフタヌーンドレスとは丈が膝くらいまであり、あまり肌が露出しないドレスです。装飾品も、ビジューなどでは無く、パールやコサージュなどの光沢感が控え目で、上品な落ち着いた物を付けます。袖も七分丈から長袖丈まであるものが相応しいです。皇室慶事でも着られたりしているので、そういったイメージを持っておけばわかりやすいかもしれません。敬称的にはドレスと呼ばれていますが、どちらかと言えばスーツに近いように見えますし、実際にレディーススーツをアフタヌーンドレスの代わり着用している方もいらっしゃいます。どうしてもアフタヌーンドレスが用意できない場合は、イブニングドレスにボレロを羽織った形でアフタヌーンドレスとされることもあります。
結婚式は基本的にお昼間に挙げられることが多いので、結婚式や披露宴ではアフタヌーンドレスを着用するのが正しいです。二次会などは夕方から始まり、親族のいない友人同士だけの集まりになって形式ばったものじゃないパーティーなので、イブニングドレスでの参加でも大丈夫です。イブニングドレスはアフタヌーンドレスに比べて、裾丈が床くらいまで長く、背中や鎖骨周りを露出している形のものが多いので、別名ローブデコルテとも呼ばれています。イブニングドレスの他にもセミイブニングドレスや、カクテルドレスなど種類があります。それも着用する時間帯があり、カクテルアワーは17時~20時の間と決まっています。時間帯は目安の話であり、時間を超えてしまったから着替えなければいけないなどの決まりはありません。あくまでドレス着用のマナーの1つであって、知っておいて損はありません。

一覧はこちら

パーティードレスランキング

TOP